実際に合格!キャリカレ四柱推命鑑定士講座の生の口コミと体験レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、私が実際に受講して資格を取得したキャリアカレッジジャパンの四柱推命鑑定士講座についてくわしくお話ししています。

私と同じように占いの勉強が初めての方、四柱推命の基礎から学びたい方、独学で挫折した方に向けてお話ししています。

キャリカレ公式サイトへ

なぜ四柱推命の勉強にキャリカレを選んだのか

私は占いそのものを勉強するのが、四柱推命が初めてでした。

調べてみたところ、四柱推命の勉強方法は、独学、師匠につく、通信講座の3通りがあります。

四柱推命の初心者としては、流派にとらわれず、まずは四柱推命の基礎の基礎を理解したいと思いました。

そのため、師匠にいきなりつくのではなく、通信講座を選びました。

師匠についてしまうと、師匠の時間に合わせる必要がある上、師匠や他の生徒さんとの人間関係でストレスを感じる可能性もあります。さらに、10万円から数十万円といった高額な費用になる場合が多いです。

師匠につくデメリットを考えると、基礎段階であれば多くの人たちが編集や校正に関わる通信講座で学ぶ方がよいと思いました。

なぜ通信講座にキャリカレを選んだのか

四柱推命の通信講座は多数存在しますが、私がキャリカレを選んだ背景には主に以下の3つの理由があります。

  • キャリカレは通信講座の大手企業であり、信頼性と実績がある。
  • 費用が私にとっては妥当に感じた。
  • 過去にキャリカレで心理カウンセリングの講座を受講しており、教材の質の高さに満足していた。

過去にキャリカレの講座を受講しており、テキストの明瞭な説明や充実した練習問題から、理解しやすいと感じました。

心理カウンセリングの講座の質のよさから、四柱推命の講座に期待しました。

心理カウンセリングの講座は、メンタル総合心理®とポジティブ心理学実践インストラクター®を受講して、すべて資格を取得しています。

キャリカレのパンフレットを請求してみた

キャリカレ総合パンフレット

キャリカレの公式サイトには、講座のカリキュラムや内容について詳細に書かれていますが、さらに具体的な情報を知りたかったので、パンフレットを請求しました。

パンフレット請求ページへ

パンフレットでは、公式サイトに掲載されている情報をより簡潔に、また視覚的にわかりやすくまとめられていました。

パンフレットだけに掲載されている独自の情報はありませんでしたが、紙でできているので、自分のペースでじっくりと内容を吟味することができました。

パンフレットを手にすることで、公式サイト以上に講座の内容を深く理解することができ、より安心して受講を決断できました。

キャリカレ四柱推命パンフレット

講座の先生について

四柱推命講座を監修しているのは、練八文(れんやおり)先生です。

練先生は大阪の心斎橋で占い鑑定とスクールSOUYAを運営しています。

鑑定歴は10年以上で、これまでに1万人以上を鑑定されています。

練先生は、四柱推命だけでなく、九星気学(きゅうせいきがく)、奇門遁甲(きもんとんこう)、数理占術(すうりせんじゅつ)、紫微斗数(しびとうすう)、姓名判断といった東洋の占術に精通しています。

近年では、ほぼ毎日YouTubeに教育的な動画をアップロードなさっています。これにより、講座や資格取得後も、先生の動画を通じて四柱推命をさらに深めることが可能です。

講座の先生の流派

資格のキャリカレ公式Xより

流派は泰山流と小山内流です。

パンフレットにも、流派は泰山流と小山内流であることが明記してありました。

講座を76日間で駆けぬけた感想

占いに触れるのが初めてで、加えて四柱推命は占いの中でも特に難易度が高いと言われています。そのため、基礎的な内容を理解するだけでも相当な時間がかかりました。

初めは「甲(きのえ)って何?」というレベルから始めて、万年暦を参照しながら自分で命式を作成し、命式を解釈するまでを実践的に学びました。

キャリカレからは書き込み式のノート、通称「キャリカレノート」を提供されましたが、私はさらに自分自身で別のノートにまとめていきました。

命式を作成し解釈する過程を鑑定に活かすためにも、専用のノートに記録しました。

左は命式や鑑定を書くノートで右はカリキュラムや映像教材をまとめたノート

四柱推命は通常、数年かけてじっくりと学ぶべき内容ですが、76日間という短期間で学べたのは、充実したカリキュラムと、キャリカレノートと連携している確認問題や添削問題が用意されていたからだと感じます。

特に印象的だったのは、練先生の映像教材です。

先生は大阪弁をチャキチャキと話し、時々はさまれる笑いが心地よく、それでいて四柱推命の本質をしっかりととらえていたため、理解が深まりました。

余談ですが、キャリカレ公式Xをフォローしていると、勉強している様子をポストすると、返信で励ましてくれます。

資格のキャリカレ公式Xより

四柱推命を学ぶ上で難しかった点

四柱推命を学ぶときに難しかった点はいくつもあります。

  • 漢字と意味がつながらない

たとえば、日本では、「甲」はこうと読まれ、かぶと(兜)の意味として使われます。

陰陽五行を前提とする四柱推命や他の東洋の占術においては、「甲」は「きのえ」と読み、陽の木を象徴し、樹木にたとえられます。

また、十二支も漢字と意味がつながりません。

日本では干支(えと)としてよく知られていますが、陰陽五行における意味合いは異なります。

たとえば「卯」(う)は、日本の干支ではうさぎ年に該当しますが、陰陽五行では季節・方角・時間などを表します。

漢字を覚えるのは、まるで英語を勉強しているかのような感覚でした。

  • 法則が難しい

四柱推命には特有の法則があり、流派が異なる場合でも法則は共通しています。

特に、支合や三合などの法則を覚えるのには時間と労力が必要でした。

  • イメージで解釈する

練先生は、命式や運勢を解釈する際に陰陽五行を視覚的にイメージすることを強調しています。

鑑定を行うときに、視覚化のスキルと想像力が求められます。

視覚化のスキルと想像力は、実際の鑑定を通じて磨いていきます。

在宅で資格試験が受験できる

カリキュラムの添削問題をすべて提出した後に、四柱推命鑑定士の受験資格が与えられます。

受験は別途費用が必要です。

受験料を振り込むと、およそ1週間で問題用紙がキャリカレから届きます。

四柱推命鑑定士の検定試験

在宅でいつでも、制限時間なく、テキストを見ながらでも受験することができます。

私自身は、試験は1時間半程度で終えました。

解答用紙を封筒に入れてポストに投函すると、およそ1ヶ月後に合否が知らされます。

公式サイトによると、得点率が70%以上で合格なので、よほどの間違いがなければ合格すると思います。

合格すると、立派な合格証が送られてきます。

四柱推命鑑定士の証書

講座に向いてる人と向いていない人の特徴

キャリカレ四柱推命鑑定士講座に向いている人と向いていない人の特徴について、実際に講座を受講して、資格取得した立場からお話しします。

講座に向いていない人

  • 費用を用意できない

講座は、師匠につくよりは費用が安いですが、それでもそれなりに費用はかかります。

また、先にもお話ししましたが、資格の受験料は別となります。

ですが、独学で勉強するにしても、四柱推命の本は1冊の価格が高いので、何冊も本を買っても勉強が進まないならば、まとまったカリキュラムで基礎の基礎を身につけたほうが理解は早いと思います。

  • 師匠につきたい

講座よりも高額な費用を準備できるのであれば、はじめから師匠について四柱推命を勉強してもよいと思います。

私が見た限りでは、師匠につくと費用が10万円~数十万円はかかります。

師匠につくメリットは、わからないことがあればすぐに聞けることなので、その場でフィードバックがほしいならば、師匠につくのもありだと思います。

  • 自分の鑑定の評価をしてほしい

講座では、残念ながら自分が鑑定した内容の評価はしてくれません。

鑑定の評価を求めるならば、師匠について勉強したほうがいいです。

講座に向いている人

  • 費用を用意できる

キャリカレの通信講座は数万円の費用がかかります。分割払いも可能です。

また、キャリカレはよく割引キャンペーンを行なっているので、キャンペーンを利用して、安く講座を購入することができます。

  • まずは四柱推命の基礎の基礎を身につけたい

四柱推命は様々な流派があり、どの流派で勉強すればいいか迷ってしまいます。

ですが、陰陽五行の基礎や四柱推命の法則はどの流派でも同じですので、それならば体系的にまとめてくれている講座で学ぶと、基礎を身につけるのが速いと思います。

基礎的な知識が身につけば、その後、書籍で他の流派を学んだり、師匠について勉強したときも理解が速いです。

  • 自分自身でスケジュール管理ができる

通信講座はいつでも自分のペースで勉強できます。

自身で計画を立てて勉強するのが得意なのであれば、スムーズに勉強できると思います。

まとめ:四柱推命鑑定士講座の受講を振り返って

講座を学び始めた時、四柱推命の難しさに「私には理解できるのか?」と不安を感じました。

40代半ばで占いの世界に足を踏み入れ、しかもその中で最も難しいとされる四柱推命から始めたので、その不安は増しました。

漢字の意味や多くの法則を覚える過程は、まるで新しい言語を学ぶような難しさで、自分が本当に占いに適しているのか疑問を抱くこともありました。

しかし、この講座はしっかりとしたカリキュラムと映像教材で、先生が丁寧に解説してくれるので、自分のペースで少しずつ理解を深められました。

特に助かったのは、キャリカレノートと連携している確認問題と添削問題です。理解をより深め、自分自身の進度を確認するのに大いに役立ちました。

四柱推命鑑定士の資格は取得しましたが、新しいスタート地点に過ぎません。

先生が日々公開するYoutube動画を見て、さらには他流派の書籍を読んで、多角的な視点から鑑定のスキルを磨いていきたいと思います。

信頼される占い師となるために、日々の勉強と鑑定に励んでいます。

四柱推命鑑定士講座のパンフレットの請求と受講をするには

キャリアカレッジジャパンの四柱推命鑑定士講座のパンフレットは、下のボタンをクリックすることで請求できます。パンフレットは数日以内に郵送されてきます。

※パンフレットを請求する際は2講座選ぶ必要があります。
(例)四柱推命鑑定士講座と九星気学鑑定士の資格講座

講座の受講については、下のボタンをクリックするとキャリカレのトップページに飛びます。

いつも開催されているセット割キャンペーンを活用するとオトクです。
とくに東洋占術のほかの講座と一緒に受講すると理解が早いのでおすすめです。
私もセット割を利用して、九星気学鑑定士の資格講座を同時に注文しました。

キャリカレの講座の購入を検討している、四柱推命をこれから学ぼうとしている、独学で勉強してつまづいてしまっているならば、私の体験と感想がお役に立てれば幸いです。